• お子さま連れや子どもたちが通いやすい院

    調布たきざわ整骨院です

    テレビや雑誌で注目を集めている

    『乳酸キャベツ』!!

    作り方はとても簡単☆

    なのに優れもの食材なのです。

    『乳酸キャベツ』とは?

    キャベツを発酵させた

    発酵保存食のことです。

    キャベツには「植物性乳酸菌」が含まれており、

    これを発酵させ増殖させます。

    ヨーグルトなどに含まれる「動物性乳酸菌」が

    胃や小腸で消化・吸収されやすいのに比べ、

    「植物性乳酸菌」は強い酸化でも

    生きることが出来るので、

    大腸まで届きやすいと言われています。

    なので、「腸内環境を整える」

    「便秘解消」の効果が

    期待できます。

    キャベツは植物性乳酸菌だけでなく

    胃腸薬に配合される「キャベジン(ビタミンU)」を

    はじめとした

    ビタミンやミネラルが

    豊富な食材なのです。
    キャベツ.png

    ☆『乳酸キャベツ』の作り方☆
    ・キャベツ        ・・・・1/4玉
    ・塩           ・・・・小さじ1
    ・砂糖(あればきび砂糖) ・・・・ひとつまみ
    ・お好みで鷹の爪やローリエ等

    ① キャベツを千切りにし、

    ジッパー付ポリ袋へ入れる。

    ② 塩、砂糖を入れ、よく揉みこむ。

    揉みこむと水分が出てきます。

    ③ お好みで鷹の爪等をいれ、

    空気をよく抜きながら袋を閉める。

    ④ 常温の涼しい場所へ平らにしておき、

    上から重しを乗せる。

    ⑤ 2~3日発酵させて完成!

    キャベツが少し黄色がかり

    気泡が現れていれば発酵されています。

    お漬物のような酸味がかっていれば完成です。

    完成後は、煮沸した瓶などに詰め替え

    冷蔵庫で1カ月ほど保存できます。

    常備菜のひとつとして

    1度お試しください!
    体のバランス調整、胃腸の調整なら

    調布たきざわ整骨院まで☆


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です