• お子さま連れや子どもたちが通いやすい院

    「もしも交通事故にあってしまったら」!?!?
    調布たきざわ整骨院です。

    歩行中、自転車走行中、バイクや車の運転中、バスやタクシーに乗っている時、
    様々な場面で交通事故は起きることがあります!!

    self-815795__180.jpg

    ショックや混乱状態になることも考えられます。
    少しでも落ち着いていられるように確認事項をお伝えします。

    ① 負傷者の救護が最優先。救急車【119番】

    ② 路上の危険除去。車を安全なところへ移動。

    ③ 警察への連絡【110番】。
    加害者には届け出の義務があります。 必ず警察を呼びましょう。
    ④ 事故の状況確認と記録(メモなど)「いつ、どこで、どのように、誰が、何を、どうなったか」
    (とくにケガを負った場合は「人身扱い」の届出が重要です。)

    ⑤事故現場の痕跡、ブレーキ痕、損傷状況を 記録しておく。(携帯のカメラなどで写真に残す等)、
    目撃者を確保。(第三者の意見は万が一、相手方とのトラブルになった際に効果があるため )

    ⑥救急車で運ばれる状態でなくても、必ず当日か翌日には病院、整骨院を受診する。

    ⑦ご自分で加入している保険会社にも早急に連絡を入れる。

    ※被害者の方の確認事項としては、
    加害者の住所、氏名、連絡先 、加入している自賠責保険と保険会社名、連絡先、証明書番号、
    車のナンバー 。
    バスやタクシーで事故の場合、勤務先名と住所、連絡先なども。

    ~まとめ~

    交通事故後は、病院でレントゲン上「骨に異常なし」でも、
    むちうち症状、腰痛、痛み、シビレ感などの症状が「後から現れることがよくあります」。
    軽視せずに早期に治療を開始して早期に回復しましょう!

    交通事故の早期改善により患者様の早期治癒の喜びのお声を多数頂いている
    調布たきざわ整骨院


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です