• お子さま連れや子どもたちが通いやすい院

    調布たきざわ整骨院です。

    サッカーシューズ(スパイク)にはどんな特徴があるのでしょうか。
    football-452569__180.jpg
    ◎スタッドの数と形状

    1:スタッドが12個前後の固定式:軟らかいグラウンド、硬い土、短い芝生など、幅広いピッチに対応でき、主流となっている。

    2:スタッドが20個以上の固定式:接地面が増え足の負担は減る、地面からの突き上げの緩和、優れた安定性がある。

    3:ブレード型の固定式:横方向のグリップ力が強く、急発進や急停止に威力を発揮。丸型スタッドに比べ足の負担は大きくなる。人工芝では引っ掛かりやすくケガしやすい。

    4:雨で軟らかいグランドでは取り替え式のスパイクを選ぶ。ポイントの本数が少なくポイント1点に体重が掛かりグリップ力に優れている。 通常の土のグランドでは、ケガになりやすい。

    ◎スパイクでの練習、試合に於いて足首の捻挫をすることもあります。

    捻挫予防には、ストレッチングで可動域upをと、ゴムチューブを足首にかけての引っ張るトレーニングや、地面かバランスボードで片足立ちでバランスをとるトレーニングなどが有効です。

    サッカー、ケガ、コンディションupは調布たきざわ整骨院まで☆


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です