• お子さま連れや子どもたちが通いやすい院

    こんにちは、調布たきざわ整骨院です。

    マラソンランナーの食事について

    マラソンという長距離を走り続けるには、エネルギー源となる物が必要です。
    車もガソリンを入れないと走らないように人間も一緒です。

    フルマラソンは、約2500カロリーを消費すると言われています。
    フルマラソンは体力を使うことなのです。
    レース前には、効率よくエネルギーになるエネルギー源の補給が大事になります。
    a3c79e66af155a59c8e9bba7391429c2_s.jpg
    車が走行中にガス欠になり動かなくなってしまうのと同じで、
    マラソン時にエネルギー切れになればレースはリタイアとなってしまいます。
    エネルギーは、食事から摂ることになります。

    エネルギー源になる食事は、炭水化物です。
    ごはん・パスタ・麺類などに多く含まれています。
    ブドウ糖となって血液に乗り筋肉に送られエネルギーとして使われます。

    マラソン中にガス欠しないようにマラソン前3日間と当日の食事法で大事なのは、
    「カーボローディング」です。
    マラソンランナーの皆さんはご存じでなさっている方が多いのではないでしょうか。

    カーボローディングとは、カーボ(炭水化物)を積極的に摂り、レース中のガス欠防止のために、
    走るためのエネルギー源のグリコーゲンを筋肉中に最大限に蓄積させる特別な食事法のことです。
    特にパスタは消化吸収もよく胃腸に重さを感じにくい為、好まれています。

    また、3日前までは、低脂肪の良質なタンパク質をお肉やお魚から摂ること、
    野菜や果物からビタミン類を摂ることも大切です。

    控えた方がいい食事は、アルコール、刺身などの生食、胃もたれしやすい揚げ物などです。

    レース中は、エイドステーションごとに必ず給水すること。
    エネルギー切れを防止する方法として5kmごとにブドウ糖のタブレットを
    5gずつ補給したりするのも効果的です。

    まとめ
    炭水化物を多めにとる「カーボローディング」で、
    フルマラソンを完走するエネルギー源の確保をしましょう。

    ランナーのコンディションアップは調布たきざわ整骨院へ☆


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です