• お子さま連れや子どもたちが通いやすい院

    交通事故による首の痛みは頚椎捻挫(いわゆる、むちうち症です)

    ●交通事故による頚椎捻挫(むちうち損傷)●
    交通事故による首のケガの約80%はこのタイプの損傷です。
    革の鞭(むち)を振った運動のように頚椎(首の骨)が運動を強制させられ起こります。
    関節、関節周囲組織(関節包、靭帯、筋肉)の損傷で、基本的にレントゲン写真上、異常を認めないものをいいます。

    ●交通事故によるむちうちの症状●
    受傷後数時間~48時間より、首の運動制限、首・肩の痛み、頭痛、筋肉の緊張感、めまい、吐き気、硬さ、不快感、痺れ感などを感じる事があります。
    色々な症状が出現するため、時に不安に感じることも……。

    ●交通事故によるむちうち治療の特徴●
    受傷日~2、3日後に症状の増加が起こることが多いです。
    ・日々変わる症状を早期より施術することが回復に向けて大切なことです。
    ・レントゲン状異常がなく、軽視されてしまうこともあります。

    ●交通事故によるむちうち治療の特徴●

    追突された場合》

    頭・首は、まず大きく後ろへ、その反動で前へと動かされ損傷します。
    その動きにより力学的にむちうち運動が強制され、主に神経や、 関節を負傷します。

     

    追突した場合》

    頭・首は、まず大きく前へ、その反動で後ろへと動かされ損傷する。
    その動きにより力学的にむちうち運動が強制され、主に靭帯を負傷します。

     

    このように交通事故の首の捻挫・むちうち症と一言で言っても、
    上記のように、発生状況により、同じ追突事故でも痛め方が違います。

    調布たきざわ整骨院での交通事故による首の痛みに対する施術は、

    どのように痛めたかにより、起きた病変を特定し、その原因に対して施術することで、
    お悩みの症状が一日も早く解放されるように施術していきます。


    現在、通院しているものの、痛み止め、張り薬、機械だけで回復しないとお悩みの方もご安心下さい。調布たきざわ整骨院では、手を使った検査により日々の状態を把握し、その上で交通事故による衝撃波で痛めた特殊な病変に対して手技の技術で施術して一日も早くつらい症状からの解放を目指します。

    生活上の注意点や、普段のセルフケア法、通院の頻度などについても詳しく説明します。

    あなたに寄り添い全力サポート致します。交通事故による症状は本当につらいものです。

    一日も早く元の体に、元の生活に戻れますように。ご助力致します。

    調布たきざわ整骨院へお電話下さい!
    無料でご相談承ります!

    TEL 042-427-9129
    元に戻る