• ケガの治療、健康な体への調整施術

    交通事故にあった時は…

    ●交通事故にあってしまったら●

    《もし、交通事故にあってしまったら…》
    ●突然の交通事故にパニックになったり、時間がないからと事故処理をしなかったりしないよう落ち着いて対応できますように以下にまとめます。
    !事故発生!
    ① 負傷者の救護が最優先。救急車【119番】

    ② 路上の危険除去。車を安全なところへ移動。

    ③ 警察への連絡【110番】。
    加害者には届け出の義務があります。 必ず警察を呼びましょう。

    ④ 事故の状況確認「いつ、どこで、どのように、誰が、何を、どうなったか」

    ⑤事故現場の痕跡、ブレーキ痕、損傷状況を記録しておく(写真等)

    ⑥救急車で運ばれる状態でなくても、必ず病院、整骨院を受診する。

    ⑦ご自分で加入している保険会社に早急に連絡を入れる。
    あまり事故から時間が経ってしまうと、警察や保険会社に「交通事故によるケガ」「交通事故の後遺症」と認めてもらえないことがあります。

    痛みや違和感があったらすぐに整骨院を受診してください
    保険会社が分からなくらならないように、携帯電話にアドレスを登録しておく、
    連絡先のメモを財布に入れておくなどしておきましょう。

    交通事故後は、病院でレントゲン上「異常なし」でも、
    むちうち症状、腰痛、痛み、シビレ感などの症状が現れることがあります
    少し時間が経過した頃に症状が現れ、悩まされることも……。
    症状を出しているのには、骨の位置・関節のズレや筋肉の硬化・損傷など原因があります。

    交通事故で不安、お悩みの方は調布たきざわ整骨院へ!

    無料の電話相談も承っております!

    TEL 042-427-9129

    元に戻る