• お子さま連れや子どもたちが通いやすい院

    こんにちは調布たきざわ整骨院です

     

    今回は前回の関節痛にも登場した

    コラーゲン」についてです。

    コラーゲンは体を構成するタンパク質の

    1/3を占め、細胞と細胞を

    つなぐ役割を果たしています。

    特に皮膚では水分を除いた組織の

    約70%がコラーゲンで酸素や栄養を補給し

    老廃物を取り除く経路を作り

    みずみずしくハリのある柔軟な肌を保つために

    欠かせない存在となっています。

    水分量が減少してカサカサと荒れるのは

    肌の老化現象

    コラーゲンを十分に補いましょう

     

    ● かれい

    加齢の煮つけの煮汁が冷えると煮こごりに

    なるのはコラーゲンが溶け出し、

    ゼラチンとなって固まるためです。

    コラーゲンの最も多いえんがわや皮、

    煮汁も残さず食べるようにしましょう

    ● 鶏手羽先

    鶏の翼部分に当たる鶏手羽は

    コラーゲン豊富な部位だが

    皮や軟骨の多い手羽先は特に

    たっぷりと含みます。

    スープやシチューなどじっくり

    煮込んでコラーゲンを溶かし出す

    料理法がおすすめです。

    ● 牛すじ肉

    牛すじ肉は牛のアキレス腱で

    コラーゲンを多量に含んでいます。

    コラーゲンは繊維状の硬いタンパク質だが

    長時間熱を加えると

    ゼラチン状に変化します。

    肉は柔らかくなり、煮汁は冷やすと

    煮こごりになります。

    じつは…コラーゲンの合成にはビタミンCが

    欠かせません。ビタミンCの豊富な

    ブロッコリー、ピーマン、かぼちゃなど

    緑黄色野菜を一緒に摂りましょう。

    ちなみに皮や骨、軟骨部分を煮込むと

    アクや脂が浮いてきますので、

    ていねいに取り除きましょう。

    コラーゲンは汁に溶け込むので

    アク取りでなくなることはありません

    これを煮汁ごと全て食べるのが

    コラーゲンを上手に摂る方法です

     

    ハンド、フット、フェイスの

    アロマテラピーも行っています

    ストレス解消、美容にぜひ

    調布たきざわ整骨院


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です