• お子さま連れや子どもたちが通いやすい院

    スポーツや日常生活、どこにでも潜む
    つらい捻挫(ねんざ)に調布たきざわ整骨院で施術いたします。


    【捻挫(ねんざ)ってなに?】

    足をくじく、足を捻るなどいろいろな言われ方があるくらい日常的に起こる捻挫(ねんざ)です。

    外力によって関節包(関節を包む膜)、腱、靭帯といった関節支持組織に損傷は起きているが、骨折や脱臼が起きていない状態をいいます。

    【捻挫の症状と対処方法】

    捻挫(ねんざ)は、患部の痛み、腫れ、関節の運動制限が主な症状ですが、重度になると関節血腫や関節の不安定性等がみられます。

    けがを負った後すぐの対処としては、患部を冷やし、固定して心臓より高い位置で保持することです。

    また、軽度の物でも靭帯の一部が損傷、断裂していることがあるので、まずは、アイシングして冷やし、テーピングなどで安静に保つようにしましょう。

    なるべく早くお越しください。トータルの通院期間が変わります。

    【どんな治療をするの?】

    調布たきざわ整骨院では、手技の施術を主体に、関節のねじれを正しい位置に戻し、痛みの出てる靭帯の調節を行うことで痛みを減らし、アイシング、超音波治療器、干渉波治療器を併用し、一日も早い復帰を目指します。

    重度で足が付けない場合は、テーピング、包帯による固定をして安静を図ります。

    松葉杖も用意してありますので、重度、軽度にかかわらず安心してご来院下さい。

    捻挫等の外傷は出来るだけ早く治療することが大切です。
    ケガをした、調子がわるいなど感じたら、調布たきざわ整骨院へご連絡ください。