• お子さま連れや子どもたちが通いやすい院

    調布たきざわ整骨院です。

    空腹時の血糖値が正常な場合、健康診断などでは異常とされません。健康診断で問題ないとされれば、生活習慣を見直そうとはなかなか思いませんよね?

    定期的に運動をして、そこそこ食事には気を遣っているつもり、内臓脂肪たっぷりの体型ではない・・・という人でも隠れ糖尿病の可能性がある、血糖値の乱高下で膵臓を疲弊させ、血管を老化させているかもしれません。

    自覚症状が全くないため、長い間気づかないまま、食事のたびに血管が高い血糖値にさらされ続けると、心筋梗塞や、脳卒中、がんなどの重大な病気になるリスクが高まることがわかってきました。

    【血糖値を急上昇させる要因】

    ・食事の間隔を空け過ぎる

    ・朝食を抜く

    ・ストレス

    ・糖質のみの食事を取る

    ・食事のとき米飯(糖質)から食べる

    ・睡眠不足

    【血糖値の急上昇を回避する方法】

    ・三食バランスの良い食事を摂る

    ・たんぱく質や食物繊維もしっかりと摂る

    ・食事の時に野菜や魚、肉から食べ始める

    ・良く噛んで食べる

    ・飲食以外の趣味や運動でストレス発散する

    ・6~7時間の睡眠を取る

     

     

    野菜や果物など植物が作る化学物質であるフィトケミカルには、抗酸化作用など多彩で有用な効能が知られています。

    なかでも有名なのは、ブロッコリー(特に新芽=スプラウト)に多く含まれているスルフォラファンです。これまで抗酸化作用の他に解毒力アップや肝機能向上などの働きが指摘されていましたが、スウェーデンの研究者が2017年に血糖値コントロールにも役立つらしいという証拠を新たに見つけました。

    糖質代謝の要である肝臓には高血糖を引き起こす遺伝子があり、糖質を過剰に放出して血糖値を上がりやすくします。スルフォラファンはこの悪玉遺伝子のスイッチをオフにし、血糖値を下げやすくします

    スルフォラファンはブロッコリーとそのスプラウト以外にも、カリフラワー、キャベツ、白菜、菜の花、ケールといった身近な野菜に含まれています。これらの野菜から食べ始めるとベジファーストの血糖値降下効果は一層アップするでしょう。

     

    調布たきざわ整骨院