• 美と心身の健康をサポート

    こんにちは、調布たきざわ整骨院です。

    マラソンに限らずどんなスポーツでも過度な運動をすれば、
    「 筋肉痛 」が起きることがあります。

    筋肉痛とは、何かを知り体をケアしてあげると、次のレースに向けていい準備が出来ます。
    thOU9SJCVZ.jpg

    1: 筋肉痛の原因
    (1)運動の動きにより筋肉繊維の損傷が起きています。
    筋肉の内部で繊維は、微細に傷つき切れたりしています。
    体は傷んだ筋肉の繊維を修復しています。筋肉を分解、増殖、再構築している間、
    筋肉は固く痛みを感じるのです。

    (2)筋肉を過剰に使うと、疲労物質=乳酸が筋肉内にたまります。
    筋肉が固くなり血行不良を起こし、炎症や痛みが発生します。

    2:早期に回復させるには
    筋肉の硬さを取り除き血流を良くすることをしましょう。
    血行がよくなることで乳酸を流すことができます。
    また、損傷して修復中の筋繊維の回復が早くなります。

    (1)ケア
    汗をかいたままでいると、気化熱で体の体温が奪われます。
    しっかりと拭きましょう。
    また、クールダウンに軽いウォーキングをしましょう。
    痛い筋肉の患部は、当日は10~15分程度のアイシングを行います。
    痛気持ちいい範囲でのストレッチも良いですが、
    伸ばし過ぎは修復中の筋肉が痛むので注意が必要です。
    筋肉の繊維の固さを取るためのマッサージも効果的です。

    (2)栄養素
    筋肉の修復、疲労回復の食事は、クエン酸、たんぱく質が多く含まれる食材を摂りましょう。
    すっぱい物と、肉、魚、大豆などです。

    (3)休息
    痛みが出ている間は、ランニングなどの練習はせず休息をしっかりと取りましょう。
    ウォーキング程度の動きで体の状態を確かめることから始めましょう。
    筋肉を修復している期間は休めることで回復が早くなります。

    まとめ
    筋肉痛は、体の回復期であることを知り、適切なケア、栄養、休息を心がけ、
    早期回復に努めましょう。

    ランナーコンディションケアは調布たきざわ整骨院へ。


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です