ブログ

テニスでのケガはやり過ぎ繰り返し動作でもなる!

こんにちは、調布たきざわ整骨院です。

テニスでのケガで多い『テニス肘』についてです。

1:発生原因

フォアハンドの繰り返しで、肘の内側を痛めたり、
バックハンドの繰り返しで、肘の外側を痛めることの多い
「いわゆるテニス肘」の原因は、手首から肘までの間の「前腕」
と呼ばれる所の筋肉の使い過ぎにより発生することが多いです。

テニスやバドミントンのような動作の繰り返し以外でも、
マウスを動かす、キーボードを打っていることの繰り返しでも
発症することもあります。

原因因子は、筋肉が弱い、関節が固い、練習しすぎ(オーバーワーク)、
フォーム、間違った使い方などがあります。

tennis-363663__180.jpg

2:主な症状

肘の周囲の腫れ、熱感、肘の近くを押すと痛む、
手首の曲げ伸ばしで痛い、握力が出ない、握ると痛いなど。

3: 自分で出来るケア法

痛みの出る動作を控える、特に手首を動かさないよう安静にする、
痛みが強い時は一時的に冷やす、痛みがとれた後にストレッチをするなど。

4:ストレッチ
肘を伸ばして手の先を垂らすようにして、反対の手で甲を押さえて手前に引きます。
腕の外側が痛いけど気持ちいい範囲で伸ばすといいです。
手を返してひら側を引くと腕の内側が伸びます。
同じく、痛いけど気持ちいい範囲で伸ばすといいです。

・まとめ
・繰り返し動作による負担で損傷します。
・フォームの見直し、練習量の調整が必要です。
・時には冷やし、ストレッチを心がけましょう。
・それでも痛い時は治療しましょう。

治療は、患部のみにとどまらず原因があれば、肩、手首なども同時に治療します。
特に、肘周囲の筋肉、骨と筋肉との付着点、関節から治療することで早期回復を目指します。

テニス肘の治療、テニスのコンディションupは調布たきざわ整骨院へ!

関連記事