ケガ

当院の上腕骨外側上顆炎(テニス肘)の治療について

【産後骨盤矯正のご来院の多い 調布たきざわ整骨院です】

 

<発生原因> テニス、ゴルフ、バドミントン、卓球などに於いて、繰り返し、ストロークをする動きをすることによって起こる。

<状態> 前腕伸筋群の使い過ぎにより、肘の外側にある上腕骨外側上顆と前腕伸筋群の付着点に疲労性の損傷、及び炎症、組織の硬化の状態である。

<症状> 肘外側の痛み、圧痛、手首を返す動作での痛み、物を持つ時の痛み、手に力が入らない、など。

<検査法> トムゼンテスト→手首を背屈する動きに抵抗をかけて、肘に痛みが出るか、出れば陽性。

チェアテスト→肘を伸ばしたままイスを持ち、肘に痛みが出るか、出れば陽性。

<治療方> 短橈側手根伸筋と外側上顆の付着部の組織の調整を手技療法にて行う。治療機器も併用して行う。

 

【産後骨盤矯正のご来院の多い 調布たきざわ整骨院】

関連記事