• お子さま連れや子どもたちが通いやすい院

    【産後骨盤矯正のご来院の多い 調布たきざわ整骨院です】

    食べる量が減らせたら痩せますよね。でもそれが難しい・・・。もしたくさん食べても太らない方法があったら???

     

    みなさん「ボリュメトリクス」って知ってますか?これはアメリカ発のダイエット法で、「カロリー密度(CD)」が低い食材や料理を選んで、たくさん食べても太りにくい身体をつくるダイエット法です。

    「カロリー密度(CD)」とは、食材1g当たりに含まれるカロリーのことです。たくさん食べて、満足度も高くなるので、食べるのが好きなタイプでも挫折しにくいのが特徴です。

     

    【カロリー密度(CD)とは?】

    食品1g当たりのカロリー(kcal/g)のことです!

    例えば・・・

    <低CD食> 500kcal÷500g=1.0kcal/g

    <中CD食> 500kcal÷200g=2.5kcal/g

    となります。

     

    【栄養素別の1g当たりのカロリー】

    脂質(9kcal) > 糖質、たんぱく質(4kcal) > 食物繊維(2kcal) > 水(0kcal)

    カロリーゼロの水分やカロリーになりにくい食物繊維が多いものほどCDは低いです。食材でいうなら野菜や果物、料理でいうならサラダやスープです。また低脂質で低CDな赤身肉や豆類などからたんぱく質を摂りましょう。

     

    【カロリー密度の4つのカテゴリー】

    ①超低CD(0.6kcal/g)

    果物、野菜、海藻類、きのこ類

    ②低CD(0.6~1.5kcal/g)

    全粒穀物、赤身のたんぱく源、豆類、低脂質乳製品

    ③中CD(1.6~3.9kcal/g)

    パン、高脂質のたんぱく源、デザート、チーズ

    ④高CD(4.0~9.0kcal/g)

    揚げたスナック、キャンディ、クッキー、ナッツ、油脂

     

    【ボリュメトリクス基本ルール】

    ①カロリー密度(CD)を1.0以下に抑える

    ②1日1食ボリュメトリクスを心がける

    ③1食500kcalを基本とする

    ④主食はパンよりごはん普通盛り1杯

    ⑤野菜・きのこ・海藻を小皿3つ分

    ⑥たんぱく源は手のひらサイズ

    ⑦美味しい調理を心がける

    ⑧ごはんを減らしてたんぱく質を増やすアレンジも可

     

    ダイエットに励む間、間食は減量間食は食事での不足分の栄養を補ったり、心を満たすなどプラスになる摂り方もあります。その条件は、満腹感と満足感を得られて、200kcal以下であることです。この条件を目安にしましょう。

    【200kcal以下のおすすめ間食】

    ・梨(3/4個/465g/199kcal)0.43CD

    ・プリン(1個/155g/199kcal)1.28CD

    ・こんにゃくゼリー(8個/200g/200kcal)1.0CD

    ・加糖ヨーグルト(2個/314g/199kcal)0.63CD

    ・やきいも(中1/4本/120g/196kcal)1.63CD

    ・甘栗(16粒/90g/200kcal)2.22CD

    ・野菜チップス(小1袋/34g/196kcal)5.76CD

    ・アーモンド炒り無塩(21粒/30g/182kcal)6.07CD

    【産後骨盤矯正のご来院の多い 調布たきざわ整骨院】