ブログ

更年期の不調に効く食材は?

更年期の不調改善にはイソフラボンがおすすめ!

【産後骨盤矯正のご来院の多い 調布たきざわ整骨院です】

更年期にみられるイライラ、のぼせや顔のほてり、何となく調子が悪いといった症状は、女性ホルモンの減少が原因です。女性ホルモンのエストロゲンが減ると、脳がそれを増やそうとして体に無理がかかり、ホルモンバランスが乱れます。

大豆に含まれるイソフラボンはポリフェノールの一種で、体内でエストロゲンと同じような働きをするため、これを補うことで更年期の不調が改善が期待できます。

【おすすめ食材】

きな粉・・・大豆をいって粉にした物なので、大豆そのものに近い栄養素を摂取できます。大豆レシチンは脳細胞を活性化するので、更年期だけでなく、加齢による記憶力低下の改善にも役立ちます。

納豆・・・大豆よりも栄養価が高く「機能性食品」として注目されています。

油揚げ・・・たんぱく質ビタミンEカルシウムが豊富で野菜との相性も良いです。

骨粗鬆症を予防しましょう!

実は加齢によってエストロゲンが減少するとカルシウムも失われるため、骨量が減って骨粗鬆症を招きます。更年期に骨粗鬆症になりやすいのはこのためです。

更にエストロゲンは体内のカルシウム量を調節するので、似たような働きをするイソフラボンにも同様の効果があり、骨粗鬆症の予防に役立ちます。

 

ちなみにイソフラボンを含む大豆製品、カルシウムの多い乳製品や小魚、赤唐辛子玉ねぎなど体を温める食品の組み合わせが、更年期の症状改善にベストです。

 

【産後骨盤矯正のご来院の多い 調布たきざわ整骨院】

関連記事