ブログ

ランナーズハイで快適マラソン

こんにちは、調布たきざわ整骨院です!

マラソンは長距離を走る過酷な競技です。

人は、いいなと思えることを体感した時にβ-エンドルフィンと呼ばれるホルモンが分泌されます。
身体が非常に苦しい状態に陥ったときにもβ-エンドルフィンは分泌されます。

エンドルフィン (endorphin)とは、鎮痛効果、多幸感をもたらす為、脳内麻薬とも呼ばれます。
th68086ZLD.jpg
ある一定以上、体を酷使すると、この脳内ホルモンが分泌され、苦痛が快楽に変わるのです
ランナーズハイ、ボクサーズハイ、ナチュラルハイ(徹夜明け)という言葉もあるくらいです。

多くのランナーはランナーズハイを経験しています。
走っていると足の痛みも消えたように忘れた経験や、苦しい中走っていたのが急に楽になった経験が
あるのではないでしょうか?
これらもランナーズハイになっている状態といえます。

マラソンは、走りだすとだんだんリズムが整ってきます。
自分の呼吸や心肺の動きを感じながら、体は軽やかになって、
いつまでもずっと走っていられる気分になります。
これらは、肉体的には苦痛でも精神的な快楽を得られている状態です。
この状態がランナーズハイです。

ランナー、試合前の調整、コンディションupは調布たきざわ整骨院まで!

関連記事