ブログ

抗酸化・抗糖化に効果的な「食」について

抗酸化・抗糖化に効果的な「食」について

【産後骨盤矯正のご来院の多い 調布たきざわ整骨院です】

こんにちは(^^)

今日は、抗酸化・抗糖化に効果的な「食」についてご紹介します♪

○抗酸化に効果的な食材

抗酸化のキホンは、「食」です(^^)

抗酸化作用のある栄養素は、ビタミンCビタミンEポリフェノール類ミネラル類

美容効果で話題のカロテノイドなどが挙げられます。

《ビタミンC》
緑黄色野菜(パプリカ・パセリ・ブロッコリー・青菜類など)、

フルーツ(キウイフルーツ・いちご・かんきつ類など)

ビタミンCは水溶性なので、生で食べるのがオススメです!

水洗いする場合は、洗い過ぎないようにしましょう。

《ビタミンE》
植物油(ひまわり油・やし油・べに花油など)、種実類(ごま・アーモンド・ピーナッツなど)

緑黄色野菜を炒めて食べると、他のビタミンも同時に摂れて効果的です。

《ポリフェノール類》
プルーン・りんご・赤ワイン・コーヒー・緑茶・紅茶など

フルーツの場合、皮にもポリフェノールが豊富に含まれているため、

皮ごと食べるのがオススメ。

コーヒーやお茶は、ペットボトルで販売しているものより、

淹れたてのほうがポリフェノールを多く含んでいます。

《ミネラル類》
海藻類(わかめ・のり・昆布など)、魚介類(桜えび・うるめいわしなど)、納豆など

ミネラルは、熱には強くても水に溶けやすい性質なので、茹でるよりも蒸すのが◎

煮込み料理の場合は煮汁ごといただきましょう。

《カロテノイド》
緑黄色野菜やフルーツの黄色、オレンジ、赤色の色素成分。

パプリカ、トマト、ほうれん草、みかんなど

濃い色の野菜やフルーツを選べばたくさんカロテノイドを取ることができます。

特にオススメは赤いパプリカです!赤いパプリカにはカロテノイドのなかでも

特に抗酸化力が強いキサントフィルという成分が豊富に含まれています。

カロテノイドは油溶性のため、サプリメントなどを利用するか、

油を使った調理方法で食べると体内に吸収しやすくなります!(^^)!

○抗糖化に効果的な食事のポイント

抗糖化のためにはAGE(糖化最終生成物)を増やさないことが重要です!

《ポイント》

・AGE含有の少ない食品を食べる。

食後急激に血糖値を上げない食べ方をする。

・なるべく低温で調理する。

・血糖値を上げない「低GI」の食品を食べる

○「低GI」の食品とは?

カロリーの高い食品=GI値の高い食品と考えている人も多いかもしれませんが、

決してイコールというわけではありません。

基本的には、血糖値を上げやすい食品はごはんやパン、砂糖などの糖質の多い食品です。

また、糖質を多く含む食品のなかでも、白いごはんや食パンはGI値が高く、

ライ麦パンやそばなどはGI値が低くなっています。

これは食物繊維の量によって変わり、含まれる食物繊維が多いほど

GI値が低いと言われています。

お酢」「食物繊維」「乳製品」「豆類も、GIを下げる効果があります。

食事にサラダや牛乳、チーズ、豆腐など1品プラスして取り入れてみてはいかがでしょうか。

ちなみに、低GI食品は食事の1番最初に食べるとさらに効果的です!!

消化管内に長くとどまるため、腹持ちを良くする効果が期待できるそうです。

是非、取り入れてみてくださいね♪

【産後骨盤矯正のご来院の多い 調布たきざわ整骨院】

関連記事