• お子さま連れや子どもたちが通いやすい院

    調布たきざわ整骨院です

    痩せたい方に痩せる仕組みを

    ひそひそとお教えします
    belly-2473__180.jpg

    筋肉はたんぱく質、

    脂肪は脂質から出来ています。

    そもそも素材が違います。

    筋肉が脂肪になったり、

    脂肪が筋肉に変化したりはしません。

    ・筋肉の特徴
    運動や筋トレをすると負荷により

    筋肉の細胞が傷つきます。

    傷を修復している期間が

    筋肉痛と言われる時期です。

    そして同じ負荷が来ても

    耐えられるように1周り太い筋肉に

    置き換わります。

    より太くしたい場合は

    負荷を増やす必要が出てきます。

    使わないと細くなります。

    筋肉は熱を生産します。

    ・脂肪の特徴

    脂肪は体を動かすための

    エネルギーをためている

    云わばエネルギーの貯蔵庫です。

    体内の熱を外に逃がさないように

    する働きがあります。

    摂取エネルギーが足りない時には、

    貯蔵分を燃焼させて

    エネルギーに変えます。

    ・太る痩せるを簡単に式にすると

    基本的には以下のようになります。

     

    日の飲食で口から入って

    胃腸で吸収したエネルギー量

    -(1日の基礎代謝量+1日の運動量)

     

    が、プラスなら脂肪がたまり太ります。

    約プラマイゼロで体型維持。

    マイナスで痩せていくことになります。

    運動をしたり筋肉をつけると

    体温や基礎代謝量があがるようになります。

    上の式のカッコ内の基礎代謝量と

    1日の運動量がupし、

    痩せやすくなる訳です。

    運動をしないと上の式の運動量が下がり、

    さらに使わない筋肉は

    不必要なものと判断され細くなり、

    基礎代謝量も下がり…。

    その結果、同じだけ飲食していると

    数式でプラスになった分を

    脂肪として体は蓄えますので

    太りやすくなる訳です。

    まれに食べても食べても太らないという

    細い人が存在しますが、

    胃下垂や他の理由などにより、

    胃と小腸からの栄養吸収機能に

    問題があるため、大量に食べても

    栄養吸収がスルーです。

    つまり、上の式の

    『1日の飲食で口から入って

    胃腸で吸収したエネルギー量』

    が沢山食べても、吸収できるエネルギー量が

    少ないのでマイナス計算に

    なりやすく痩せやすいのです。

    基本的には、この計算式の法則に当てはめて

    生活習慣を見てみると面白いかもしれません。

    ボディケア、コンディションアップは

    調布たきざわ整骨院まで


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です