ブログ

眠れないときの切り札!?「4-7-8呼吸法」とは

眠れないときの切り札!?「4-7-8呼吸法」とは

【産後骨盤矯正のご来院の多い 調布たきざわ整骨院です】

明日から仕事なのに、休みの中の不規則な生活がたたって寝付けない…

仕事や人間関係などいろいろなことが気になって眠れない…

そんな時、ストンと眠れる方法があったらどうでしょう。

それが「4-7-8呼吸法」です(^^)

「4-7-8呼吸法」のやり方

☆次の4つのステップを3~4回以上繰り返します

1)口から完全に息を吐き出す

2)口を閉じて鼻から4秒間空気を吸い込む

3)息を7秒間止める

4)8秒かけてゆっくりと口から息を吐き出す

秒数は目安です。心の中でゆっくりカウントしながら無理のない範囲で行います。

口から息を吐く時は舌先をあごに当て、フーッと音を立てるようにします。

この呼吸法は肺の中に効果的に空気を取り込むことが出来るため、

全身に酸素が行き届く手助けになります。

また、心拍数が穏やかになり副交感神経が刺激され、リラックス状態に導かれます。

呼吸がいわば鎮痛剤のような効果を発揮し、

心身の緊張から解放され眠りにつきやすくなるのです。

仕事や日常生活で緊張やプレッシャー・イライラを感じる時にも効果的です。

◆ポイント

鼻でゆっくりと深く空気を吸い込むこと!!

人は緊張やストレスにさらされると呼吸が浅くなり、鼻ではなく口で呼吸しがちになります。

ひどい場合は過呼吸の状態になっていることもあります。

できるだけ正しい呼吸法を身につけて、健やかでいきいきとした日々を過ごしたいですね!(^^)!

【産後骨盤矯正のご来院の多い 調布たきざわ整骨院】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事