ブログ

錦織圭選手もよく痛める足腰とテニスの関係

調布たきざわ整骨院です

かの有名なプロ選手も

指導されてきた経験のある

テニスのコーチがご来院された時に

教えていただいた話では、

テニスで大事なのは「足腰と背中」と

お話してくださいました。

私もテニスに関する施術は、

プロの方、元プロの方、コーチの方

スクール生徒の方、部活の方、

サークルの方、趣味の方と、

多くの方の施術をしてきましたが、

同じ見解です。
tennis-63733__180.jpg

症状の出る場所は、

プロの方、元プロの方、コーチの方など

いわゆる上級者の方は、

背中(ラケットを持つ側)、

腰、膝の損傷の割合が圧倒的に多いです。

プロテニスプレーヤーの錦織圭選手も

足の親指の炎症、左ふくらはぎの筋膜炎、

腰の痛み、膝捻挫、足首捻挫と

損傷しているのを見てもよくわかります。

つまりテニスで上達する為には、

プロの方の試合を見てもお分かりの通り、

ボールに追いつく脚力と

足を軸に腰の回転でボールを打ち返す

体幹筋が重要となってきます。

瞬発力強化のダッシュと

持久力強化のランニングと

体幹筋の強化が効果的です。

あくまでこれから始めようという方への

スタートメニュの一例としては、

25mダッシュ×5~10本、

5キロラン×1~2本、

腹直筋、外・内腹斜筋に効くように

クランチ・ツイストクランチ

10回~15回×2セット。

(日ごろの練習メニュとの

バランスやオーバートレーニングに

ならないよう気をつけて下さい。)

本日来院されたテニス部の方も

右の腰方形筋、右の広背筋、

骨盤の歪みと股関節が症状の原因でした。

テニスは、背中と足腰が大事です。

テニスのケガ、コンディションアップは

調布たきざわ整骨院まで

関連記事