• お子さま連れや子どもたちが通いやすい院

    こんにちは!調布たきざわ整骨院です!

     

    急に暑くなり身体がついていけてない人もいるのではないでしょうか?体がだるい、食欲がない、疲れが取れない、そんな夏の体の不調は夏バテかもしれません。
    食欲が落ちてくると冷たいものやサッパリしたものが食べたくなる方も多いと思いますが、実は逆効果になることもあります。

    夏バテの原因とは

    まずは夏バテの原因について見てみましょう。

    自律神経の乱れ

     

    混乱する人のイラスト(女性)

    夏バテは、高温多湿の夏の時期に体温を一定に保とうとして自律神経が疲弊して乱れることが原因と言われています。
    自律神経は交感神経と副交感神経という2つで構成されていますが、この2つの神経のバランスが大事になります。
    そして、暑い室外冷房で冷えた室内を往復することによってこの自律神経が乱れやすくなります
    とは言え、ずっと寒い室内にいても自律神経が働かなくなってしまいます
    適切な温度調節が大事になります。

    熱帯夜による睡眠不足

     

    不眠症の人のイラスト(女性)

    夏の夜は寝苦しい方も多いと思います。
    熱帯夜によって睡眠不足になると疲労を回復できず、疲れがたまってしまうことも夏バテを引き起こす原因になります。
    エアコンなど上手に使ってしっかり眠れるようにしたいものですね。

    冷たいものを摂りすぎる

     

    冷たいペットボトル飲料のイラスト

    暑くなると冷たい飲み物が欲しくなりますよね。
    冷たい飲み物で体を冷やすのは熱中症対策には必要ですが、その冷たいものを摂ることで血流を悪化させ、消化器官の働きが滞って消化不良になり、体力が低下する原因にもなります。
    冷たいものも食べすぎ飲みすぎには注意ですね。

    栄養不足

     

    そうめん・素麺のイラスト

    食欲が無いとサッパリしたものばかり食べてしまいがちですよね。
    そうめんなどの麺類ばかり食べていると栄養が不足してしまいます。
    この食欲がなくなることから栄養が不足してくることも夏バテの原因になります。

    また、汗を大量にかくことで水分以外にもミネラルを体外に排出してしまうことも夏バテにつながります。
    はしっかり栄養補給することが大事になります。

     

    夏バテに効く食べ物を栄養素ごとに

    食欲がなくなるとサッパリしたものを食べたくなったり飲み物が多くなったりするものですが、そうするとタンパク質やビタミンやミネラルなどの栄養が不足してしまいます。
    そのため、食欲がない時ほど栄養価の高いものを選んで食べる必要があります。

    タンパク質

    塊肉のイラスト(脂身あり)

    暑くなるとつい、そうめんなどの麺類で手軽に済ませてしまいがちですが、炭水化物ばかりの食事では栄養が不足してしまいます。

    タンパク質は血液や筋肉など身体を作る材料になる大事な栄養素です。
    疲労回復や持久力にも欠かせない栄養素で、不足すると疲れやすくなったりします。

    タンパク質を摂れる食材は、肉や魚や卵、豆腐や納豆などの大豆製品、牛乳やヨーグルトなどの乳製品があります。
    これらを食事に取り入れていく必要があります。

    ビタミンB群

     

     

    元気な心臓のキャラクター

    ビタミンB1には、炭水化物をエネルギーに変える働きがあります。
    糖質の代謝を助けて疲労回復効果があることからも、疲労回復に欠かせないビタミンとも言われています。

    また、ビタミンB2は、脂質をエネルギーに変えるのを助けます。
    ビタミンB2と言えば肌にいいというイメージもあるかと思いますが、夏バテ対策としても大事です。

    ビタミンB群が多い食材は、豚肉やうなぎや卵、豆腐や納豆などの大豆製品や枝豆などがあります。

    ミネラル・ビタミンC

     

    トマトを丸かじりする人のイラスト

    暑い夏にはたくさん汗をかきますよね。
    汗をかくことによって、水分だけでなくミネラル類も失ってしまいます。
    カルシウムやカリウムなどが排出されがちです。

    また、ビタミンCにも疲労回復効果があると言われています。
    ビタミンCの抗酸化作用により活性酸素の過剰な発生を抑え、身体への悪い影響を抑制してくれます。
    夏は紫外線のダメージなど活性酸素も発生しやすいので、積極的に補給したいところです。

    これら不足しがちなミネラル類やビタミン類は旬の夏野菜で補給することができます。
    夏バテに効果のある夏野菜としては、トマト、キュウリ、オクラ、ゴーヤなど!

    クエン酸

     

    レモンの断面のイラスト

    クエン酸も疲労回復効果があると言われています。
    クエン酸はエネルギーを作る手助けをする働きがあるため、摂取することでエネルギーが作り出されて疲労が回復するということです。
    レモンなどの柑橘類や梅干しや酢などに多く含まれます。

     

     

     

    いかがでしたか???まだ梅雨入りすらしてないのに夏バテかも…と思った方は是非食べて健康になりましょう!!

    上記は予防にもなるので本番の夏が来る前に体を作っておきましょうね!!

     

     

     

    調布たきざわ整骨院


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です