• お子さま連れや子どもたちが通いやすい院

    こんにちは!今日もブログみてくれてありがとうございます!

     

    前回は「干渉波」についてのご紹介でしたね。

    今日は3つ目のお助け機器・・・

    超音波治療器」をご紹介!!

    超音波治療器とは、

    1秒間に80万~300万回の音波振動で組織に振動を送る治療器です。

    痛みを緩和したり、腫れをひかせたり、組織を活性化させたり、血行を良くする効果が期待できます。

    膝や肘などの関節の痛み、水の溜まった膝、腱鞘炎、ばね指、外反母趾、シンスプリントなどの治療にも役立ちます。

    超音波治療器のメリットは、何と言っても、「短期間で骨折を完治できること」です。

     

    骨折は従来、完治にかかる時間が長いため、完治するまで日常生活で不便が生じやすいのが難点でした。しかし、超音波骨折治療法により、早く骨折が完治できることによって、早く骨折による不便さから解放されるメリットがあります。

     

    超音波治療器の大きな特性

    急性期から慢性期まで使える
    浅部から深部と幅広く対応
    金属が挿入されている部位にも適応
    急性期から慢性期まで使えるということは、受傷後や術後すぐから、その後も症状が安定して以降も、長い期間使用できます。
    ②筋・腱・靭帯がターゲットとなるため浅部から深部と幅広く対応しています。
    物理療法では唯一金属が挿入されている部位にも適応あり(金属で乱反射を起こして熱点を作ることがない、金属の熱伝導率が高いので、超音波エネルギーによる加熱が金属全体の温度上昇にまでは至らないと言う理由によるもの)
    その他の特性としては、
    ・超音波は空気中に伝達されないため超音波治療器と生体との間にジェルが必要
    ・超音波が生体組織にで照射される際に生じる熱で温熱作用を発生し立体的に温める
    ・一秒間に何百万回もの振動を起こすことでミクロマッサージ効果を発生し、疾患部の痛みを和らげる

    超音波治療が効くもの

    ・骨折部位の骨癒合促進
    ・疼痛緩和
    ・筋スパズムの軽減
    ・炎症の治癒促進
    ・創傷の治癒促進
    ・瘢痕組織の柔軟性改善

    超音波治療器使ったらダメな人!

    ・悪性腫瘍 …腫瘍の成長を促進したり、転移する可能性あり
    ・虚血部位 …梗塞の破壊が起こる可能性あり
    ・急性敗血症…感染を広げる可能性あり
    ・知覚障害
    ・発育期の骨端
    ・妊婦や胎児
    ・脊椎の椎弓切除術を行った脊髄付近
    ・ペースメーカーを入れている患者
    超音波治療器はプロスポーツの場でも使われている物なのです!!!
    ほおっておくと治らないものが早く治るなんて魅力的ですよね^^
    ホームラン予告のイラスト
    次回はどんな機器でしょうか!
    こうご期待★
    調布たきざわ整骨院

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です